3週間前に投稿
1ヶ月前に投稿
店員「まどマギのくじですね、何十回引かれますか?」 客「あ、一回でいいです。」 店員「それでは引いてください・・・・B賞ですね、準備しますので少々お待ちください。・・・残念、さやかちゃんでしたー」 客「いや、残念じゃないです(真顔」 店員「申し訳ございません(真顔」
1ヶ月前に投稿
1ヶ月前に投稿

(出典: briqhtly)

2ヶ月前に投稿

otpofotps:

Yuzuru Hanyu, first Japanese skater to win Olympics Men’s Figure Skating

2ヶ月前に投稿
2ヶ月前に投稿
「運用でカバー」って言ってる人たちを殺そう
Twitter / nezike (via jinon) (via kurono) (via qiring) (via mteramoto) (via tokada) (via pdl2h) (via saitamanodoruji) (via quote-over100notes-jp) (via gkojax) (via nwashy) (via squarejewel) (via siso-gohan)
2ヶ月前に投稿
2ヶ月前に投稿
仕事がうまく進まない時には、自分の側にも問題があることがほとんどです。そんな時によくある自分では気付きにくい心の状態を以下のようなパターンに分類しています。

◆1:「破滅を導く本能」に従っている
ふと気を抜くと、メールをチェックしてしまったり、SNSやニュースサイトを見に行きたくなったりすることがあります。また、目の前の問題を後回しにして、楽な仕事を選んでしまうこともあるでしょう。そんな自分に気づくことがまずは重要です。

◆2:難しい問題から逃げようとしている
人間の意識というものは、逃げたいと思っている課題の中でも特に難しいポイントに特に集中してしまい、「難しい」とか「めんどくさい」「時間がかかる」などの先入観を持ってしまうものです。この傾向を認識すれば、目の前のタスクに直面できるようになり、課題を細かい個々のステップにブレイクダウンできるようになります。

◆3:漠然とした恐怖心
物事を後回しにしてしまう原因には「恐れ」があります。失敗する恐れ、成功する恐れ、そして自信の喪失など……しかし、ほとんどの場合はその「恐れ」に気がついておらず、気付かないうちに「恐れ」によって行動を支配されていることがあります。ひとたびその「恐れ」を白日の下にさらしてみると、実は恐るるに足らないちっぽけなものだったりするのです。最悪のケースに「恐れ」を抱いていたとしても、実はそれほど大きな問題ではないこともよくあるものです。

◆4:やる気が起こらない
仕事に取りかかる際に十分なモチベーションを持たずに始めてしまい、あれやこれやと横道にそれてしまうこともよくあるでしょう。しかし、モチベーションがハッキリしていると一つのことに集中することができます。モチベーションを明確にできていないこと、または強いモチベーションを自分に与えていない状態に気付くことが重要です。

◆5:優先順位がつけられない
ひとたび仕事に追われてしまうと、優先順位を付けることができなくなってしまうものです。そんな時は、一歩下がって気持ちを落ち着かせ、何が一番大事なことかを見つめ直し、「今、自分は仕事でテンパっている」という状態に気付くことが重要です。

◆6:メールをチェックしたい衝動に駆られる
突然メールやニュースをチェックしたくなる気持ちに襲われることはありませんか?ブラウザには多くのタブが立ち上がっており、5分とたたない間に何度も巡回して最新情報をチェックしてしまう……これは、常に最新の状態であり続けないと何かを取り損なってしまうかもしれないという漠然な恐れから生まれる衝動です。実際のところ、それらの衝動によって得られる満足というものは、ほんのささいなものであることがほとんどです。

これらの例は、私たちが物事をつい後回しにしてしまう時に見られる傾向を示したものです。それでは、このことに気付いて意識するためには、どのようにすれば良いのでしょうか?

◆どうやって自分に気づかせるか

By Dan Thorburn

日常のルーチンワークにとらわれてしまうと、なかなかそこから抜け出せなくなってしまい、現状を見つめ直す機会を得ることができなくなります。そんな時は、以下のような方法で自分にペースを引き戻すことができるかもしれません。

◆1:最悪の結末を思い浮かべる
物事を後回しにすることは、百害あって一利なしと言えます。結果的に、自分がやりたかったことが実現できなくなり、抱いていた夢もかなわぬままとなってしまうでしょう。新しいことを学んで、自分の限界を広げることもできないままになってしまいます。

◆2:宣言する
たとえば、紙に「自分の状態を見つめ直す」などと書き出しておいて、毎朝最初にチェックする・他の人に宣言する・ブログやTwitterに書いてしまう、などの方法で自分の考えを誰かに伝えてしまい、定期的にチェックしてもらうという方法も効果的でしょう。

◆3:意志をはっきりさせる
何か物事に取りかかる前に、少し時間をとって自分の意志を明確にすると良いでしょう。そのことが最終的な成功に関与する割合は低いのですが、きっかけ作りにはなるはずです。

◆4:リマインダーを活用する
数時間ごとにリマインダーを鳴らして定期的に自分の状態を確認し、仕事を後回しにしていないかを確認することも効果的です。

◆5:シグナルに気づく
仕事の進捗が心配になってきたときや他のことに気をとられ出した時は、後回しにしたい気持ちが湧いてきたことの現れです。そんな時は一息ついて、もう一度自分自身の状態を確認するようにしましょう。

ただ何となく「仕事が進まないなぁ」と悩みながら仕事をするよりも、定期的に自分の状況をチェックする習慣をつけると、仕事の効率がアップしてよりよい成果を上げられるようになるかもしれません。
2ヶ月前に投稿

yungterra:

The content restriction program the teachers use is completely useless

(出典: yungterra)

2ヶ月前に投稿

(出典: arklande)

2ヶ月前に投稿
2ヶ月前に投稿
駅前の横断歩道を、子ども用のやわらかそうなおもちゃ刀持った男の子の兄弟が大声で「ゆきむらああ!」「ぅおやかたさまぁぁ!」と連呼しながら駆け抜けていきました。後ろからあたふた「やめなさい!ホントやめて!」と追うお母さんのバッグには幸村ストラップが沢山ついてました。頑張れ母上様!
2ヶ月前に投稿

───アタシの名前はRuby。パーザに傷を負った軽量言語。ゆるふわ仕様で恋愛体質の愛されランゲージ♪
アタシがつるんでる友達はどうとでも書けるPerl、
学校にナイショでエンタープライズで働いてるPython。
訳あって不良グループの一員になってるPHP。
友達がいてもやっぱり学校はタイクツ。今日もPHPとちょっとしたことで口喧嘩になった。
LL同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆そんな時アタシはselfでmodule_evalすることにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!

「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながらしつこいRails案件を軽くあしらう。「カノジョー、ちょっと話聞いてくれない?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。Railsの男はカッコイイけどなんか薄っぺらくてキライだ。もっと等身大のアタシを見て欲しい。 「すいません・・。」・・・またか、とセレブなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、チラっとRailsな男の顔を見た。
「・・!!」
・・・チガウ・・・今までの男とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを駆け巡った・・。「・・(カッコイイ・・!!・・これって運命・・?)」
男は_whyだった。連れていかれてCampingされた。「キャーやめて!」Hpricotをきめた。
「ガシッ!ボカッ!」アタシは死んだ。ベーコン(笑)

(via gkojax) (via xyo) (via darylfranz)
3ヶ月前に投稿